カテゴリー: 小説 1ページ/2ページ

作品における「リアリティ」という概念を考える

 評論家のあいだでも、作家のあいだでも、コンテンツ消費者…

感性という曖昧なことばがクリエイターを惑わせる――「感性」と「美意識」という独断について

 感性、はっきり言ってややこしいことばです。使っているひ…

フリーランスが生み出す〈成果物〉のクオリティはどこにあるのか――生き残るために必要な「目利き」のセンス

 クリエイティブ分野のフリーランスとして生きるようになっ…

会話文をうまく書くとはどういうことか――それなしでは世界を理解できないもの

 「小説には会話が必要で、なるべくうまく書いてください」…

過剰なレトリックを自己校閲する――作家は己の修辞欲と付き合う

 レトリックと校正は、あまり良好な関係ではありません。レ…