カテゴリー: 校正

過剰なレトリックを自己校閲する――作家は己の修辞欲と付き合う

 レトリックと校正は、あまり良好な関係ではありません。レ…

重言は本当に間違いか? 正しい日本語を考える

 重言(重複表現)をとりまく思想はさまざまです。ぜんぶオ…

なぜ校正をするのか――小説を書くうえで考える校正について

 小説や文章は書いたら終わり――それでもよいのですが、せ…