Pocket

 ご主人が新しく買ってきた、この「カリカリ自動製造機」。なにはともあれとてもよい。うっかり屋のご主人にくらべて、正確な仕事をする。一日四回まで、10グラム単位で設定できるという優れモノ。ボイスレコーダーまでついていて、ご主人の声がする。

『アンジェラ! ご飯だよ~!』

 ご主人的には、時間どおりにきっちりエサを与えている気分なのだろう。ほがらかな感じの音声が、やや癪にさわるし、突然呼ばれるのでびっくりする。

 まあしかし、これもネコとしての習性なのか、文句はあってもエサはしっかり受給しにゆく。その足取りは軽い。

 雑な仕事のご主人だが、割と好きめのドライフードを給餌してくる。そこは個猫的に評価している。

 そんなことを考えながら、エサをほうばっていたら、わがはいの隠し持っていた猫用スマホのアラームが鳴った。画面にメッセージが表示される。

『カリカリ自動製造機をご購入されたあなた!』

 わがはいのことである。どうしてこのメールニャドレスがわかったのだろう。

『レビューサイトにレビューを投稿してマタタビポイントをGET!』

 マタタビポイント……怪しげなサイトだが、惹かれるワードセンスもある。どうやら無料のようなので、不安だがちょこっとだけ登録してみた。

 待遇はとてもよさそうだ。ログインしたらマタタビポイントがもらえ、一定量たまると景品と交換できるという。

 ロボットにでもなったように無心でサイトを巡回する。どういう投稿があるのか、どういう機能があるのかなど見て回った。

 五時間ぐらいサーフィンを楽しんだところでようやくレビュー投稿画面をひらき、注意事項を確認してから執筆にとりかかる。一気に、なんだか、偉くなった気分だった。

「このカリカリ自動製造機はよいぞ。未所持の者は、早う手に入れるとよかろう。デメリットとしては、いるはずのないご主人の声が再生されるので、毎回毎回(うちは一日に四回)馬鹿みたいに一寸ほど仰天する程度だ(猫なのでしかたあるまい)。うちのご主人は、二駅となりにあるペットショップのASAMIという者から安く購入したらしい。このサイトでも価格が抑えられている。素晴らしいと言えよう。買い時というのは、買う時のことである。」

 じぶんの文章に満足してサブミットボタンを押す。肉球のマークが画面に表示されたあと、投稿ありがとうございました、これであなたもフリーニャンス、という文字が流れた。

 フリーニャンス。新しいことばだった。そうか、わがはいは、気づかぬうちに新しいことを成し遂げたのだ。

 ほっこりした気持ちで画面を眺めていると、『アンジェラ!』とご主人の声がしてビクっとなった。

『ご飯だよ~!』

 カリカリ自動製造機の音声が流れただけだった。ほんとうに癪にさわるので、レビューの星は四つにしておいた。

 

 

画像:freestocks.org