Pocket

 ラップというのをしてみたいけれど、いざやろうと思うとやりかたがよくわからない、というひとのために、仕組みなどを解説してまいります。(レゲエやヒップホップなどさまざまな音楽ジャンルがありますが、ぜんぶ素晴らしいし、ややこしいのでここでは詳しく区別しません)

[toc heading_level=”2″]

そもそもラップとは

 歌いかたのひとつ。それに尽きます。

 ラップがなにかよっぽど特殊ということはありません。たとえば合唱やオペラなら「ベルカント唱法」といって綺麗な裏声の響きを出します。カラオケでよく見かけるしゃくれは、「ポルタメント」といって低めの音からはじめて遅れて上げてゆく歌いかたです。

 大雑把に言って、ラップというのは、いろいろある歌いかたのうちのひとつです。

なんの目的でラップをするのか

 目的はひとそれぞれでしょうけれど、ラップにはラップのノリがあります。

 口語感があって、どこか縛られていない感じがして、遊び心があって、どんなスタイルもはめることができて、出したことばが次のことばにつながってゆくループ性があって……そういうビシっと言いにくいノリが、ラップのよさでしょう。

 そういう空気感が好きだったら、必要だったら、ラップすればいいのです。

どんなルールがあるのか

 絶対的なルールはありませんが、いくつか見てみましょう。

音に乗る

 いわゆる「音感」とか「リズム感」のことです。ただ、それを説明するのはむずかしいので、じぶんがいいなと思える〈ノリ〉のラッパーを見つけるのがよいでしょう。

 おそらくリズム感というのは、酔ったときとか、上機嫌なときに、ついつい歌いだしたくなって歌ってしまったときの、あの感覚のことだと思います。あれこれ考えて出すものではないし、教わることのできるものでもないでしょう。

 テクニックとしては「ビートアプローチ」と呼ばれますが、どういうふうに音に乗ったらかっこいいかとか、キマっているかとか、そのへんの話です。すくなからず流行やラッパー同士の共同幻想はありますが、じぶんが乗りたいように乗ればいいと思います。

 この「音に乗る」の既成概念を壊してゆくのも大事です。個人的には、鎮座DOPENESSさん、スナフキンさん、MU-TONさんあたりがすごいと感じました。

フロー

 ことばの言いかたです。

 この概念はだれでもすぐにわかりますが、説明となると非常にむずかしいもの。

第1、第2ボタンはどこまで開けるのがベーシック
部活ではベンチ でも足首にミサンガしても平気
――Creepy Nuts『だがそれでいい』

 「ベーシック be e si kku」と「平気 he i ki」をおなじように言いたいときに、フローが活躍します。すでに感覚でわかると思いますが、いちいち工程を書き出します。たった二工程です。

元「be e si kku」 ― 「he i ki」
①「be e si kku」 ― 「he e ki」(へい→へえ)
②「be e si kku」 ― 「he e ki」(ック→無声化)
完「be e si」      ― 「he e ki」(ベエシ&へえき)

 このように、言いかたでなんかいい感じにすることを、フローと言います。ちなみに「ベンチ be n ti」も「ベエチ be e ti」と言っています。(ベエシ&ベエチ&へえき)

バイブス

 気持ちを込めることです。伝えたいという熱い気持ちが、勢いになって歌に現れることなのですが、こればかりはいくら説明してもしょうがありません。

 このあいだ話題になったWANYUDOさんの『徳之島』から引用。

居酒屋からスナックから撃沈してホテル/焼酎のにおいの中で一日目を終える/二日目のリハーサルで確信するバイブス/きっとすごいことになる/体がすぐ理解する/何度もMic checkしてイベントがスタート/パンパンのフロア老若男女/普段通りフリースタイルでLIVEを始めたら/笑顔の女の子が真顔になるのが見えた/息づいてる魂/日本人の誇り/大和から日の丸を/しょってつなぐ歴史/子供たちの黒い目がみすかす未来/過去があって今がある/犬田布岬/年寄りの顔のしわに刻まれた年輪/生きるための労働にしばられた現実/幸せはささやかであたりまえの喜び/鹿児島の海に誓うまた来ますよここに

 こういう景色のある歌はいいですね。般若さんの『生きる』から引用。

諦めきれない物があるから 俺諦めた/便利屋でも 壊せない一生の鍵かけた/もうつまらなくなっちまったんだよな勝ち負けは/そんな事より夜が明ける早く旅立てば/行こう ここじゃないとこ 少なくとも行った事ない場所/人を思って人を憎んでそして好きになって/泣いたろ 今気づいた 心に迷いなんかないだろ/だから時に黙って明日明後日歩を進めそして朽ちるまで

 揺さぶられます。(説明放棄)

ボキャブラリー

 似たような意味で「ワードセンス」とも言ったりしますが、どれだけことばを道具として扱えるか、というところですね。

 たくさんのことばを知っていても、それを「使える」ようにしておかないと使えません。その作業をどれだけこなしてきたか、という部分です。

 個人的に好きなものを紹介いたします。

「筆箱取り出しノートを広げて国語と算数理理社社
――るぱちかぶと『完璧な一日』

「じゃあ せーの 最初は無(ムー)ビッグバン
――柴幸男『わが星』〔音楽劇、楽曲=三浦康嗣〕

荒 荒 荒波立つ ここはURBANNITE(アーバナイト)ウェカピポ
――SOUL’D OUT『ウェカピポ』

砕いて裂いて巻いて焚いて吸って吐いてもまして炙っても打っても得れない快感
――Creepy Nuts『合法的トビ方ノススメ』

なに線で帰るかも知らない君のことと
――泉まくら『balloon』

「いちにのサンハイ せーので上海
――相対性理論〔ティカ・α〕『上海an』

「縄文土器 弥生土器 どっちが好き どっちも土器
――レキシ〔作詞・いとうせいこう〕『狩りから稲作へ』

「向こうに隠れた にらむ太陽がまるでしおれたリンゴみたい
――PAGE『エクスペクト』

ありもしない神の噂話 ばかりにぶらさがり泡沫に 素晴らしき繋がりに目を向けず 暗闇で砂かじり爪弾き
――TABOO1 feat.志人『禁断の惑星』

 このあたりはリリックと呼ばれますが、つまり歌詞の部分です。歌のメッセージ的な部分でどうやって音楽を聞かせるか、ということを考えつつ、ことばを選ぶのが基本です。バイブスやフローと密接な関係にあります。

 それ以上は説明できないので、次に行きます。

ライミング

 いわゆる「韻を踏む」ことです。簡単に言えば母音を合わせることで、ボキャブラリーと隣り合わせの概念ですね。

 ラップは自由に歌いますが、その自由な音のなかにタイミングを与えるのがライム(韻)だと思います。それがうまいと気持ち良かったり、かっこよかったり。

 もちろん踏まないという選択もありますし、初期のころのいとうせいこうさん、いまの呂布カルマさんなんかは、安い韻を踏まないことにこだわりがあります。いろいろ見てゆきましょう。

ただただ抱き合って tada dakiatte(あああああいあっえ)
肩叩抱き合って katatataki dakiatte(ああああいあいあっえ)
――Mr.Children『タガタメ』

 桜井和寿さんは、韻を踏むのが上手で、それもフローでうまく歌っています。もちろんラッパーではなくシンガーなのですが、二番の歌詞など結構ひびいてきます。

 ここでは、「ああああ あいあっえ」と「ああああい あいあっえ」でライミングしていて、ほぼすべて、9文字ほどの韻です。

がたがた言わんと gatagata iwanto(ああああいあんお)
いったんさい ittan sai(いっあんあい
失敗なんかは sippai nankawa(いっあいあんああ)
ひっぱんない hippan nai(いっあんあい
一発たりとも ippatu taritomo(いっあうあいおお
外せないチャンス hazuse nai tyansu(あうえあいあんう)
言い訳すんのも iiwake sun nomo(いいあえうんおお
いいわけない iiwake nai(いいあえあい
――RYO the SKYWALKER『For 10 Years』

 次は複雑なのを見てゆきます。ポイントとしては、①「語頭の”i”」――「ったん」「っぱい」「っぱつ」「いわけ」「いわけ」を並べてきています。②「語尾の”ai”+”oo”」――「たんさい」「ぱんない」「わけない」+「たりとも」「すんのも」で合わせています。③完全一致――「いったんさい」「ひっぱんない」(6文字)+「言い訳(すんのも)」「いいわけ(ない)」(4文字)。④全体的に”a”と”i”を散りばめていて気持ちいい、という四つぐらいでしょうか。

はいどーも haidomo(あいおうお
最高潮 saikotyo(あいおうお
性格の悪さ seikakunowarusa(えいあうおあうあ)
大統領 daitoryo(あいおうお
ジョ danjyonwo(
大暴走 daiboso(あいおうお
I‘m Master of [aimu masutaa obu](あいうあうああおう) 
罵詈雑言 barizogon(あいおうおん
――DOTAMA〔Dungeon Monsters〕『MONSTER VISION』

 これはわかりやすく(教科書的で?)「あいおうお(あいおおお)」の5文字で踏んでいます。「歌詞ノート(あいおうお)」とか、「iモード(あいおうお)」とか、「ラジオ風呂(あいおうお)」とか、韻の候補自体はかなりたくさんあるライムです。

 なんでも踏めばいいわけではなく、先のDOTAMAさんの5文字の韻は、DOTAMAさんの自己紹介になっているので、聞いたひとがいいなと思えるわけです。

 ちなみに「ん」は、前の母音を引き継ぐようなフロー(言いかた)が基本なので、「ダンジョンを(あんおんお)」の場合は、「ああおおお」ぐらいになります。大目に見て4文字は踏めている、と考えます。(何文字ぐらい踏めているとか、まあ、どうでもいいのですが)

ただただ ワガママ あらわな 裸は
華やかさか はたまた 儚さか
あからさまな 浅はかさが 若さならば
やっぱ 輝かなきゃ
――LITTLE『彼方』

 既に説明する必要がなさそうですが、すべて「あ」です。すごいですよねえ……。

 韻にも、完全韻とか不完全韻とか、それ以外にもいろいろと種類があります。最初はどうでもいいと思います。興味があれば、”orange”には完全韻がないとか、そういうのを調べてみると具体的な話が出てくるので面白いと思います。

韻タイム

 ラッパーには韻タイムというのがあって、ラッパーが集まると突然だれかが韻を探し始めるシーンを見かけます。「明日……抱いた……まあいっか……パーリナイ……退化……チャリ屋……」みたいに、みんなが口々に韻をつぶやく時間帯みたいなものがあります。

 日頃から、このように韻をデータベース化しておくと、即興を求められたときにも対応できるようになっていくそうですね。

 

 まずは自己紹介がてらに、じぶんの名前とおなじ韻のものを探してみるのもよいでしょう。後半では、もう少し踏み込んだことを書こうと思います。

 

画像:Tim Napier